Internet One
日本語ドメインとは?
企業WEB・広告ご担当の方へ
サービスの概要
より効果的な広告媒体との連動
価格表
お問い合わせ 登録について
FAQ・制限事項
Internet One Japanについて
ダウンロード
関連リンク集
企業WEB・広告ご担当の方へ

日本語ドメインインデックスとホームページ関連図
覚えやすい・入力しやすいから、来訪者が増える!
日本語のドメイン名なら覚えやすい。だから、ホームページへの来訪者数がグンと増えます。
ホームページのドメイン名に、今まで日本語は使えませんでした。
ところが「日本語ドメインインデックス」をご利用になれば、日本語(漢字/カタカナ/ひらがな)によるドメイン名の登録が思いのまま。
たとえば会社名、商品名、サービス名、支店名、キャッチフレーズなどで自由に登録していただくことができます。
利用者は、インターネットブラウザのURL欄に直接「日本語のドメイン名」を入力するだけ。
覚えやすい日本語で目的のページへ簡単にアクセスできるのです。
たとえば、たくさんの商品を出している業種では、トップページから探している商品のページまでたどり着くのに思いのほか苦労します。
「日本語ドメインインデックス」では商品名を入力すればそのページが開くのです。
キャンペーンに役立つ!
ホームページのドメイン名が“日本語.jp.io”という形式になると、もうリンクをたどって遠回りする必要はありません。
今まで目的のページにたどり着くまで、トップページから延々リンクをたどって探していましたが、「日本語ドメインインデックス」ならダイレクトにアクセスできます。
また、覚えにくい英数字のアドレスを長々と入力することなく、あらかじめ登録しておいた「キャンペーンタイトル」をブラウザに日本語で入力するだけで、キャンペーンページへダイレクトにアクセスできますので、Webでのプロモーションなどにも効果的です。
広告媒体との連動など、SPの立体的な展開ができるようになります。
ご希望の日本語ドメイン名が取れる!
同じドメイン名で重複登録が可能なため、会社名・登録商標などを必ずドメイン名に使えます。
今まで、ドメイン名の登録は「早い者勝ち」でした。
このため商号・商標登録している名前でドメイン名が取れないというケースが続出し、知的財産権の侵害問題に発展していました。
これらの問題を解決するのが「日本語ドメインインデックス」のひとつの役割です。
日本語のドメイン名は、いわば電話の短縮番号のように機能し、本来のドメイン名のホームページへつなぐ仕組みです。
「日本国周知著名商標」等が守られているので、無用なトラブルがありません。
もし、ドメイン名が重複している場合は、重複登録リストの画面(シングルディレクトリ)へジャンプし、その中から、適切なホームページを利用者が選択できます。
日本語ドメインインデックス